ホームページ基礎知識 サ行~タ行

ホームページ基礎知識 サ行~タ行

前回の続きホームページの基礎知識 サ行~タ行までお届けします!!

サ行

サーバー(Server)

ホームページの表示するための必要とされる情報データを格納しておくところ。目的で分けると、独自ドメインを含んだメールアドレスでのメールサービスを使いたいのであれば「メールサーバー」が必要であり、インターネット経由でWebブラウザから閲覧できるホームページを独自ドメインで設置したいのであれば「Webサーバー」が必要になります。

 

ツイッター(Twitter)

SNSの一つで、140文字以内の(ツイート「つぶやき」)と呼ばれる短文を、ユーザーが投稿することでメッセージを交わすサービスのこと。

ドメイン

140文字以内の『ツイート[つぶやき]』と呼ばれる短文を、ユーザーが投稿することでメッセージを交わすサービスのこと。

サブドメイン

サブドメインとは、インターネット上のあるドメイン名の配下に設けられた別のドメイン。メインとなるドメイン「http://○○.com/」に対して、「http://××.○○.com/」というふうにサブ的に設定されたドメインのこと。

サムネイル

多数の画像を一覧表示するために、本来のサイズより大幅に縮小された画像データのこと。本来のサイズより大幅に縮小された画像データのことです。

通販サイトやインターネットショップのことも同じ事です

シーエスエス(Cascading Style Sheets)

ホームページを構築するプログラム言語。デザインやレイアウトなど飾りづけることができます。

ジェイ・クエリー(jQuery)

JavaScriptのプログラムのライブラリのこと。簡素化されたコードでWebページにアニメーションやユーザインターフェース要素などを効率的に追加することができます。

ジェイペグ(JPEG)

Joint Photographic Expert Groupの略。静止画像を圧縮するファイル形式のこと。

 

ジェフ(GIF)

Graphics Interchange Formatの略。256色まで保存することが出来る、カラー静止画像の圧縮形式のこと。

 

ジャバスクリプト(JavaScript)

ウェブページにブラウザ上で動的な動きをさせる際に使うオブジェクト指向のスクリプト言語のこと。

スパム

宣伝や勧誘など一方的な目的で、不特定多数に大量に送られるダイレクトメールのこと

 

タ行

ダウンロード(download)

コンピュータ間でファイルなどのデータを上位コンピュータから下位コンピュータに転送すること。

キャッシュ

閲覧したホームページの情報を一時的に自分のパソコンへされます。このことをキャッシュといいます。

毎回同じホームページを閲覧したとき、処理が遅くなってしまいます。キャッシュから読み込むことで処理速度を高めてくれる事ができます。

QRコード

二次元コードの一種で、正方形のモザイク柄のコードをカメラ機能で読み取るとホームページやWebサイトへ進むことが出来ます。

検索エンジン

インターネットで調べ物をするときにGoogleやYahoo!などを使って検索するサービスシステムのこと。

Google

検索エンジンサービスの企業で、1988年、当時スタンフォード大学の大学院生であったラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンによって設立されました。
Googleの由来は、10の100乗を表す「googol(ゴーゴル)」です。
Web上に存在する膨大な量の情報を組織化するというGoogleの使命を示しているとされている。

コーディング

プログラミング言語を用いてプログラムのソースコードを記述する作業のこと。文字を太くしたりして、色をつけたり、制作したデザインをブラウザで見える形にすることをコーディングといいます。コーディングは、HTMLやCSSの仕様に沿って形成していく作業で、Web制作には欠かせない工程のひとつです。

コーポレイトサイト

企業(法人)のサイトのことで、会社が取り扱う商品やサービス、採用情報なども深い意味ではコーポレイトサイトとも呼びます。

一般的には会社の理念やIR情報、プレスリリースなどがメインです。

 

次回はナ行~をお届けします!!

ホームぺージの情報局カテゴリの最新記事